すり箔

すり箔

余分な本金箔を落とす作業です。

箔置きした所が完全に乾燥したら、箔の押してある生地の四隅を箔に筋が入らないようにゆっくりと斜めに引き合い、むだな箔を取り除きます。そして、箔を置いた部分を友禅の色が程よく透けてくるまで入念に、もみ払いをします。

箔のつや、箔のつき具合を模様に準じて加減します。生地の風合いにあった柔らかさを保ちつつ下の色、柄を程よく見せる工夫が難しく、熟練の技術が必要です。

kimono_work018_01 kimono_work018_02

kimono_work018_03 kimono_work018_04

kimono_work018_05 kimono_work018_06

着物ができるまで 一覧

着物ができるまで

下図

白生地

仮絵羽

紋糊置き

青花

糸目

地入れ

友禅

友禅蒸し

糊伏せ

伏せ糊の作り方

染地入れ

染蒸し

水元

湯のし

箔置き(箔押し)

すり箔

湯のし

刺繍

湯のし

仕上げ

紋糊落とし

地直し(補正)

仕上絵羽

完成