箔置き(箔押し)

箔置き(箔押し)

本金箔を使用し、箔置きしております。

1・箔置きの準備
箔押し板に薄い糊をつけて反物を貼りつけ、動かないように固定します。
その反物の上に薄紙をのせ模様を正確に写します。薄紙に写した模様を、箔を貼る所のみ小刀で切り抜きます。

kimono_work017_01

糊を塗ります

kimono_work017_02

箔押し板に固定します

kimono_work017_03

薄紙をのせます

kimono_work017_04

模様を写します

kimono_work017_05

小刀で切り抜きます

kimono_work017_06

箔置き準備完了


 

2・箔置き

箔置きする部分に切り抜いた型紙を模様がずれないように置き、箔糊を均一に塗ります。

その上に乾いた筆で静かに本金箔を置き、糊が乾きましたら型紙を外し、余分な金箔をやさしく払います。

kimono_work017_07 kimono_work017_08

箔置きする所に箔糊を均等に塗ります

kimono_work017_09

金箔を丁寧に置きます

kimono_work017_10

乾かします

kimono_work017_11

箔を払い完成

kimono_work017_12

金箔と道具類

着物ができるまで 一覧

着物ができるまで

下図

白生地

仮絵羽

紋糊置き

青花

糸目

地入れ

友禅

友禅蒸し

糊伏せ

伏せ糊の作り方

染地入れ

染蒸し

水元

湯のし

箔置き(箔押し)

すり箔

湯のし

刺繍

湯のし

仕上げ

紋糊落とし

地直し(補正)

仕上絵羽

完成