糊伏せ

糊伏せ

地色を染める際、友禅の模様の部分に色がはいるのを防ぐだめの(防染)工程です。

糸目に沿ってその内側に伏糊を置いていきます。糊が乾燥しないうちに、挽粉(炒りぬか)をふりかけ、糊面にだけ挽粉を残し、余分な挽粉は落とします。

最後に裏から水を噴射し糊を生地の中にまで浸透させ生地を自然乾燥させます。

kimono_work010_01 kimono_work010_02 kimono_work010_03 kimono_work010_04 kimono_work010_05 kimono_work010_06

着物ができるまで 一覧

着物ができるまで

下図

白生地

仮絵羽

紋糊置き

青花

糸目

地入れ

友禅

友禅蒸し

糊伏せ

伏せ糊の作り方

染地入れ

染蒸し

水元

湯のし

箔置き(箔押し)

すり箔

湯のし

刺繍

湯のし

仕上げ

紋糊落とし

地直し(補正)

仕上絵羽

完成