友禅蒸し

友禅蒸し

友禅が完成しましたら、友禅蒸しをします。

蒸し小屋の下に鉄釜を置き蒸気を出し、小屋の温度を一定に保つようにします。この小屋の中で約1時間、90度の温度で生地を蒸します。

蒸気が水となり生地に吸収され友禅の染料が溶解して、繊維の内部にまで浸透されていきます。そうすることにより、完全に友禅の色がとまります。(色落ちしなくなります)また、友禅の発色をうながす作用もあります。

 

kimono_work009_01 kimono_work009_02 kimono_work009_03

着物ができるまで 一覧

着物ができるまで

下図

白生地

仮絵羽

紋糊置き

青花

糸目

地入れ

友禅

友禅蒸し

糊伏せ

伏せ糊の作り方

染地入れ

染蒸し

水元

湯のし

箔置き(箔押し)

すり箔

湯のし

刺繍

湯のし

仕上げ

紋糊落とし

地直し(補正)

仕上絵羽

完成