地入れ

地入れ

kimono_work007_01 kimono_work007_02 kimono_work007_03

糸目が終わりますと地入れをします。

反物に伸子(しんし 布をぴんと張らせ縮まないようににする為に使用する竹製の串の事)に張ります。

そして生地の裏側から豆汁を刷毛で塗っていきます。

そうすることにより豆汁が生地にしみ込み、糸目糊が柔らかくなります。

そして生地に付着し、完全な防線(友禅のはみ出るのを防ぎます)となります。

また、染料の染付けをよくします。

豆汁の原料は生の大豆をあらかじめ一昼夜水にひたしておいたものをすり鉢ですりつぶします。

つぶした大豆に水を加えて目の細かい布でこした液が豆汁です。

着物ができるまで 一覧

着物ができるまで

下図

白生地

仮絵羽

紋糊置き

青花

糸目

地入れ

友禅

友禅蒸し

糊伏せ

伏せ糊の作り方

染地入れ

染蒸し

水元

湯のし

箔置き(箔押し)

すり箔

湯のし

刺繍

湯のし

仕上げ

紋糊落とし

地直し(補正)

仕上絵羽

完成