糸目

糸目

kimono_work006_01 kimono_work006_02 kimono_work006_03

 

青花が完成しますと仮絵羽を解き、反物に戻します。

その反物を伸子(しんし・布をピンと張らせて縮まないようにする為に使用する竹製の串の事)に張ります。

餅粉、ぬか、塩などを混ぜて作りました糊(のり)を渋紙製(柿渋を塗り丈夫にした紙)の筒に入れ、押し出しながら青花で描いた模様の上に置いていきます。

模様の色づけの際に友禅の染料が他の部分にはみ出ないようにする為の「防染」の役目をします。

引いた糊が糸状の栓に見えるのでこの作業を糸目といいます。

着物ができるまで 一覧

着物ができるまで

下図

白生地

仮絵羽

紋糊置き

青花

糸目

地入れ

友禅

友禅蒸し

糊伏せ

伏せ糊の作り方

染地入れ

染蒸し

水元

湯のし

箔置き(箔押し)

すり箔

湯のし

刺繍

湯のし

仕上げ

紋糊落とし

地直し(補正)

仕上絵羽

完成