紋糊置き

紋糊置き

定紋に合わせて紋のつく場所に紋糊を置きます。
黒留袖は5ヶ所(世、両袖後ろ、両胸)に置きます。
黒留袖の他にはお誂え品、着物の地色の濃い場合などに置きます。

紋糊を置くことによって生地を染める際、地色が入らずに白い状態で残る為、白地のところに紋を入れることができます。(今回製作しております着物にはこの「紋糊置き」は行いません)

着物ができるまで 一覧

着物ができるまで

下図

白生地

仮絵羽

紋糊置き

青花

糸目

地入れ

友禅

友禅蒸し

糊伏せ

伏せ糊の作り方

染地入れ

染蒸し

水元

湯のし

箔置き(箔押し)

すり箔

湯のし

刺繍

湯のし

仕上げ

紋糊落とし

地直し(補正)

仕上絵羽

完成