付下着物

付下着物

kimono_knowledge005_01

 

この着物は柄の格により、訪問着的なものから小紋の付分けたものまで幅広くございます。専門的には作る時に丸巻の生地のままで染あげるもので、絵羽に生地を裁たないで製作するものを指します。

名前の由来としては、小紋の型を肩山、袖山で付分けるという所からこの名前が一般的になったと考えられております。

染などの質問がありましたら、メールにて受け付けております。
他の質問も何なりとお問い合わせください。

着物の基礎知識 一覧

黒留袖

色留袖

訪問着

振袖

付下着物

小紋着物

丸帯

袋帯

名古屋帯

名古屋帯の仕立て方

付帯の仕立て方

綴帯

塩瀬帯

リフォーム①

リフォーム②

リフォーム③

リフォーム④