2016年12月の着物紹介

2016年12月の着物紹介

黒留袖 『錦羅瑞雲』

img_1653

(料金は当社にお問合せください)

雲取りの中に七宝、亀甲などの割付文様を、ポイントには図案化した牡丹の花を配しました。模様の表現方法は、刺繍加工はもちろん、さらに当社独特の金箔の摺り箔を用いて豪華さを演出しています。

※黒留袖は本来ミセスの第一礼装の着物でございます。先日、宮内庁のお役人の方から宮中に黒留袖を着用して行くことには全く問題はないとのお話をうかがいました。