塩瀬帯

塩瀬帯

名前の通り、塩瀬羽二重地に友禅染や箔加工、刺繍加工などを用いて、柄を表現したもので、一般的に染帯と呼ばれております。

格式的にはカジュアルなものが多めですが、中にはフォーマル的に使用出来るものまでございます。

「織物の着物には染の帯」「小紋の着物にはワンポイント柄の染帯」など、代表的な取り合わせがございます。

kimono_knowledge013_01

弊社オリジナル塩瀬名古屋帯・観月

着物の基礎知識 一覧

黒留袖

色留袖

訪問着

振袖

付下着物

小紋着物

丸帯

袋帯

名古屋帯

名古屋帯の仕立て方

付帯の仕立て方

綴帯

塩瀬帯

リフォーム①

リフォーム②

リフォーム③

リフォーム④