私ども京和工藝は呉服の製造、販売をしております。
呉服の伝統を今に伝え、より豪華で絢爛なる装いをお手伝いすることをモットーとして他にない色、柄、技術を個々のニーズに答えるべく独創性と本物志向を一歩先んじて追求しています。
着物と帯の製造、販売にとどまらず、その周辺の商品は、もちろんそのメンテナンスサービスにも力を入れております。

令和元年6月17日(月曜日)洒落た夏帯

八重山  無病(2)

八重山上布の生地に弊社にてひょうたんの模様を藍濃淡で描き上げました。

6月の単衣、夏の着物にお締め下さい。

ひょうたんの模様は全部で6個で無病息災を願っています。

八重山上布

沖縄県八重山郡周辺で作られている織物

苧麻(ちょま/からむし)の手紡ぎ糸を使って織られ

薄茶色の絣模様が浮かび上がる清涼感あふれる白上布は

主に夏用の着物・帯に用いられます。

令和元年6月14日(金)夏帯

絽綴帯 矢霞

夏用の綴れのしゃれ帯です。古典の矢絣を霞取りのすっきりした柄付けにしました。

令和元年6月12日(水)新作 振袖

img_5227(2)

 

新作の振袖の上前部分でございます。

背景に青海波を金箔で、花の丸は友禅と刺繍で表現いたしました。