私ども京和工藝は呉服の製造、販売をしております。
呉服の伝統を今に伝え、より豪華で絢爛なる装いをお手伝いすることをモットーとして他にない色、柄、技術を個々のニーズに答えるべく独創性と本物志向を一歩先んじて追求しています。
着物と帯の製造、販売にとどまらず、その周辺の商品は、もちろんそのメンテナンスサービスにも力を入れております。

2016年12月の着物紹介

黒留袖 『錦羅瑞雲』

img_1653

(料金は当社にお問合せください)

雲取りの中に七宝、亀甲などの割付文様を、ポイントには図案化した牡丹の花を配しました。模様の表現方法は、刺繍加工はもちろん、さらに当社独特の金箔の摺り箔を用いて豪華さを演出しています。

※黒留袖は本来ミセスの第一礼装の着物でございます。先日、宮内庁のお役人の方から宮中に黒留袖を着用して行くことには全く問題はないとのお話をうかがいました。

 

平成28年12月5日(月曜日)

img_1898

今年も早いもので、師走の月になりました。

弊社は、来年創業70周年になります。

春の記念優匠会に出品いたします新作品の

制作に精進しております。

 

平成28年12月2日(金)白鷺

芦、沢潟が群生する水辺に遊ぶ白鷺の優雅な姿をあらわした図です。dscf6712